I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ありがとう。日本代表

日本代表のワールドカップが終わりました。
とても良い戦いをしたと思います。

日本代表の試合後のインタビューでも分かるように、
「チームワークの良さ」が、今回のワールドカップで良い試合をした要因だと思います。
まるで、WBC(ワールドベースボールクラシック)日本代表を見ているようでした。

南アフリカワールドカップが始まる前に、中田英寿と本田圭祐の対談を見ました。
そこに何か、前回のドイツ大会の日本代表と、今回の日本代表の違いを垣間見た気がします。

前回のドイツ大会の中心選手だった中田氏は、海外でプレーし、感じたこと、学んだ事を代表に伝え、海外との差を、何が足りないかを分かって欲しかったんだと思います。その頃は海外でプレーした選手が少なかったせいもあると思いますが、結局伝わらず、あのような結果になったんだと思います。
イチローと中田を比較してみると分かりやすいと思いますが、中田って、否定が多い。自分の事棚に上げてる感が非常に見えました。人を変えようとしていました。イチローは、自分を責める。自分を魅せて他人が気付く。自分が変わるのは簡単ですが、人を変えることは難しいです。
今回の対談でも、まだそんな事言ってました。本田はそれに同調はせず、冷静に聞いていただけに感じました。「俺が俺が」の本田ですが、中田の「俺が俺が」とは違うんです。本田には協力したくなる魅力があり、中田には失敗すると怒られるような威圧感があったのではないでしょうかと思います。日本は日本。外国は外国。監督も日本人の方がいい気がする。日本らしくやればいい。外国の真似をする必要はない。参考にするだけでいいと僕は思います。

ただ、中田があれだけ頑なに否定をし続けたお陰で、今の日本がある事も忘れてはいけないと思います。ただ、中田には「バカさ」が足りなかった。本田は多分「バカ」です。バカは素敵です。

とにかく、日本代表の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

※眠くて文章が雑で申し訳ないです。。。おやすみなさいzzz




スポンサーサイト
  1. 2010/07/01(木) 23:25:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熊VS俺 | ホーム | 最近。。。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/64-504d5034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。