I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NO BARB

nobarb.jpg

釣人は返しを削ろう 

BARBが LESSの針を 

トリプルフックなんてもってのほか 

腕を磨けよ 痛てーじゃねーか

返しの付いた針を深くまで飲み込んで、

針を無理に外すと致命傷になりかねないからと、

ラインを切って針を体内に残したままリリースされ、

「針はいずれ錆びて朽ち果て自然に外れる」なんて、

魚を案じるフリをして、都合の良い理屈で、

いつ錆びるか分からない針を体内に残したまま、

悠々と水の中を泳げるでしょうか?

せめて、返しを削ろうよ



スポンサーサイト
  1. 2013/08/19(月) 23:01:11|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<仏画 習作 | ホーム | SALMON TOWN>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/10/09(水) 16:13:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/287-21f53ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。