I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開設3周年

reikograff.jpg

ブログ開設から早丸3年の月日が経ちました。
最近、あまり更新せずほったらかし、「所長」などと名乗り始め、
鮭鱒への愛がより一層深く、歪み始めている次第です。

「サケデザイン研究所 第2章」

もう作りません。作るけど、量産しません。1つだけ作ります。
そんな事やってる場合じゃないなと。
今は「知る」事と、「描く」事にしか興味がない。

松浦武四郎 北海道の名付け親。
1837年 天保8年に熊本牛深を訪れたときの記述。

「牛深の湊は天草之西の果にして、南は薩州長島と海上●(←読めません)に三里許を隔つ。西は蒼海●(←泪少)茫として其限りをしらず。予比●(←虎のルの部分が処)に一夜を求めしに其家の爐上に、何ともしれぬ枯魚を梁より縄もて釣さげ、煤に黒ミて見へたれバ●(←りっしんべんに在)で主人に問ふに、鮭なりと答ふにぞ、●(←不明)所は漁者のミなるにかく迄古く蓄へ置る●事いと不審なりといふに、主人の言らく此演(濱)にて鮭を得る事甚稀にして、漸五年、十年目に一ツ二ツを捕得る事あり。それを如レ此たくわへ置事ハ金●(←やまいだれに倉)、火傷之薬に用る也。いか程年久しき魚にても火上にて炙れバ魚ノ油おのづから湧出るもの也。其油を●(←やまいだれに此)口に塗付るに効能薬の如く痛を止め、肉を生ず、故に此里にてハたまく(←でかい2文字分の)捕得る時ハ、一尾を五軒、十軒にも分チ蓄ふ也と物語を聞、取おろさせて能々見るに其形北國にて捕得る鮭と少しも異なる事なし。北國邊にてハか●る能在事をも聞ざりしに、西海へ移りて其油の奇效を●(←日の下に糸2つに頁)すも又天地の不思義(議)なり。」  (吉田武三 編 松浦武四郎紀行集 中 西海雑誌 P457〜458より抜粋) 

ただただ、この文献に一人興奮している、所長です。

スポンサーサイト
  1. 2013/04/02(火) 00:14:39|
  2. 鮭道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狂った眼球ダウンを着て人口受精に精を出す、佐家 要職39歳独身 | ホーム | 所長>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/276-b1975826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。