I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年度 献鮭祭 鮭神社

毎年12月13日に開催される「献鮭祭」。
北は北海道稚内から南は熊本まで全国各地から鮭に関わる方々が集まります。

torii.jpg

このお祭りは約1500年も続いていて、僕は4年目。
今年は初めて絵を奉納させていただこうと思い、遅刻せず無事に到着。

genryuukai.jpg

写真は会長の青木さん。奇しくも熊本出身。
11時ころからご祈祷が始まった。
僕の絵が奉納され、神がかりました。

hounou.jpg

今回奉納させていただいた絵のタイトルは「奇紋鮭(キモンサケ)」。
過去・未来、起こってしまった、もしくは起こるかもしれないサケ・マスに関する問題。
その中で人為的に起こってしまう可能性のある「奇紋(奇妙な紋様)」を、
神様どうかこの僕の描いた「奇紋鮭」だけでご勘弁ください・・・という、
悲鳴のような僕の捻じれた愛情、奇怪なコンセプトの絵を見た人たちからは、
本当に予想以上に言葉がなかった。。。

kimonhead.jpg
kimonhara.jpg
kimonfin.jpg
kimonsake.jpg

最後に奉納した方一社ずつ名前を呼ばれ、お参りし、お札を頂く。

fuda.jpg

これで我がサケデザイン研究所は神憑り始めることでしょう。
そして、世の中で起きている、起こるかもしれないサケ・マスに関わる問題を、
洗いざらい白日の下に曝し、やっぱりおかしいものはおかしいと言っていきたい。

鮭を焼いて食べて、その時使った食器を洗剤で洗って、脂が落ちないからとキュキュッとなるまで
洗剤使って、それを水で洗い流し、おぉ脂が取れてキュキュッとなってるとか何とか思ってるその間も、
大量のセンザイを、人が飲めないセンザイを無意識に下水道に流してる事を意識しろ!!

後編「孵化場へ」に続く・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/12/15(土) 00:35:49|
  2. 鮭道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<孵化場へ | ホーム | 鮭の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/266-fdd93089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。