I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年度 鮭神社 献鮭祭

torii.jpg

本日12月13日は、福岡県嘉麻市にある鮭神社にて、年に一度の献鮭祭。
北は北海道から、鮭を扱う企業の方たちが、鮭への感謝の気持ちと、
今後の発展のため、鮭を献上する。

今年の夏、富士山の山小屋で働いていたときにいた男が、
ここ福岡県嘉麻市を舞台にしたサケよふるさとの川への主人公である福田勇介君と同級生だと言うことがわかり、
是非祭りのとき連れて来てくれという約束をしていたので、
何とか連絡してもらったが、今年はダメだったらしく、その男だけ鮭神社に来た。
というか、実家から原チャリで5分くらいの場所。

去年、祭りが終わった頃到着してしまい、
行くと言いながらサケよふるさとの川への著者倉掛さんを待たせてしまった反省を踏まえ、
今日は7時頃家を出発し、高速乗って、若干遅れはしたものの無事到着。
今回特に倉掛さんに連絡してなかったが、来ているかも知れないと思い、
あたりを見渡しながら、神事の写真を撮っていると、
「もしかして、サケ研究所の・・」と男性の方に声をかけられ、
「実は倉掛さん急遽韓国に行かれまして、あなたのこと気にしてらしてね。」と。
多分、背中に大きくライズした虹鱒が描かれているカウチン着てたから、
分ったんだろうな。こんなん着てる奴多分いない。
すると、その方、井手さんがいろんな方を手招きして、一時おっさんたちに囲まれる。
そして何故かみんな僕のこと知ってて、どうやら、倉掛さんが買ってくださった、
手ぬぐいを色んな方に配ってたらしく、あのサケのねと、皆物珍しそうに僕を見る。
井出さんは額に入れて飾ってるよと言ってくれた。非常にうれしい。

そんなこんなしていると、鮭の奉納が始まり、すごい人だかり。
本来は、回帰してきた鮭を献上するのだが、今年は遡上が確認されなかったため、
大根が鮭の代役を勤める。
daikonsake.jpg

そして、鮭塚に大根鮭と、企業が献上した鮭が奉納される神聖な瞬間。

hounou.jpg
kennjyousake.jpg

ちなみに真ん中の一番デカイ奴は雄のブナでマルハニチロの献上鮭です。

地元の山小屋仲間も初めて見たらしく、少し感動していました。
こんな小さな祭りだが、テレビカメラも結構来てる。
約1時間ほどの神事が終わると、井手さんに連れられ、鮭の孵化場へ行くことに。
神社から車で10分くらいのところにある、小さなプレハブ小屋で、
新潟から送られてきた約4万粒の発眼卵を水槽へ移す。

tamago02.jpg
tamago.jpg

来年の3月には稚魚となり、遠賀川にて放流予定です。
来年は参加します。この施設を管理している青木さんは、熊本出身。
いつでも来てよと言ってくださった。
色々教えてもらって、白川にでも放流してみるか笑



スポンサーサイト
  1. 2011/12/14(水) 00:49:22|
  2. 鮭レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第23回 ハンドクラフト展 | ホーム | 蟹屋>>

コメント

前略 イイ、実にイイ。では。
  1. 2011/12/14(水) 04:16:31 |
  2. URL |
  3. ratnaruni #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

「いいね」ボタンでは済まさないその姿勢に脱帽です。
  1. 2011/12/14(水) 12:29:22 |
  2. URL |
  3. サケデザイン研究所 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/245-5fa5aa0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。