I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の考え

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
東北関東大震災から早くも一週間経ちました。
一日も早い復興と、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りいたします。

地震、津波、火災、放射線・・。全ての災難が一度に来た、
とにかく大惨事です。
全てが混乱しているように思います。
現地の情報が少なすぎる。何がどうなっているのかさっぱり分からない。
何で同じ事を何度も流すんだろう?
震度3の地震が起きただけで、その町名を全て読み上げる必要があんのか?
タレントやアナウンサーが買いだめする人達をバカにする資格はないし、
ガソリンスタンドは何故ガソリンを売るんだ?
「現地へ運んでくれ」くらい言えんのか? 忙しさに酔ってやがる。

とにかく、混乱は収まりそうに無い。米、小麦粉、卵が全然ない。
この報道の仕方だと、説得力が一切無く、収まらないと思う。

でも今一番気になるのは「原発」問題だ。
色々調べ、勉強した。知らないのは問題だと思った。
「シーベルト」という単位が良く出てくるが、
そこに「ミリ」だったり「マイクロ」だったり、
「/h」だったり、「瞬時」だったり、どうも「言い方」でごまかされている可能性があるらしい。
信用できる情報が載っているサイトがありますので、
是非熟読してもらいたいです、特に福島、茨城にご親戚などいらっしゃる方、子供がいる方、妊婦の方には、
この問題を理解して欲しい。

中部大学 武田邦彦氏のブログ

もちろん、不安を煽るつもりは毛頭無く、ただ、最悪の事態に陥ってしまった時に、
冷静に対応できるように、それまで出来るだけの情報収集と、
どうすべきかを熟考し、考え抜いてもらいたい。
仕事などのしがらみがあるかもしれませんが、本当は上に立つ人間が理解し、
進んで行動してほしい。下からは言いにくいんです。

掻い摘んで言うと、
人が年間に浴びても問題の無い被曝量は「1ミリシーベルト」。
一日に換算すると0.002ミリシーベルト。マイクロに直すと2マイクロシーベルト。
テレビでの測定値は「/h」つまり、一時間当たりに浴びる数値です。
現在の東京の平均値は0.001~0.005マイクロシーベルト/hです。
なので、仮に8時間外に出たとして、0.005マイクロシーベルト×8時間=0.04マイクロシーベルトとなり、
一日の被曝量が0.04マイクロシーベルトとなります。なので、一日の許容量は2マイクロシーベルトなので、
人体に影響はないということです。
テレビの言い方を見てみると、「レントゲンの半分の数値ですので安全です」みたいな言い方をしていますが、
レントゲンは「一瞬」で、数値自体は「/h〔一時間当たり〕」なので、
4時間浴びると倍の放射線を被曝したことになる。
これは完全にごまかしです。注意深く情報を見極める知識が必要だと思いました。
4シーベルト(4000ミリ、400万マイクロ)・・死亡
0.4シーベルト(400ミリ、40万マイクロ)・・白血病

本日朝5時の福島原発の数値が約300マイクロシーベルト/h。
すぐに人体に影響は無いと報じられるが、住んでる人にとっては、
そんな簡単な問題ではない。
この数値を2ヶ月浴びれば、白血病の数値まで達し、約1年半で死亡する数値まで達する。
今、テレビで「原発で作業する自衛隊員の被曝量は、数ミリシーベルトなので、問題ない」
などと言ってますが、一年間に浴びる量をここ数日で浴びていることになり、
とても「問題ない」と言える数値ではないんではないかと思う。
最近、数値をあまりはっきり言わない気がする。
遠ければ消えると言われてますが、
それは数種類ある放射線の内の1つで、壁などで遮られて遠くへ飛ばないものであって、
「分子」の状態では濃度は変わらず、風向き次第でどこまでも飛んで行くようです。
例えば、チェルノブイリの事故を例に出してありましたが、
一番遠くて500キロ先までチェルノブイリ原発周辺と同濃度の放射線が検出されていたようです。
とり急いで要所だけ記しましたが、僕の説明では良く分からないと思いますんで、
是非、武田邦彦氏のブログを読んでいただきたい。

もう原子力発電なんて勘弁して欲しいです。
でも、僕らの生活は、このお陰で支えられているのも事実。
3時間の計画停電が起こっただけで、何も出来なくなってしまうこの貧弱さ。
僕の友人の兄貴である坂口恭平の本に新しいインフラの考え方が載っています。
この技術は、被災地にとってすぐに使えるものかもしれませんので、
もうすでにtwitterなどで回っているらしいですが、
本をスキャンして載せますので、現地に届くことを願います。
denki01.jpg
denki03.jpg

この車の12vバッテリーを使った方法です。これでかなりの電化製品が使えるようです。
電力会社の復旧を待ったり、頼らなくても電気が使える方法だと思います。

自分の行動、思考、知識が試されている気がする。
今まで何も考えず、何も言わなかったつけが回ってきているのかもしれない。
何が正しく、何が間違っているか。後悔はしたくない。

長々と読んでいただきありがとうございます。
とにかく、情報に振り回されず、自分の考えをしっかり持って行動してください。
被災地の方々の無事をお祈りいたします。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/18(金) 12:40:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射線濃度 | ホーム | シューベルト 「鱒」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/218-2b60c698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。