I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サケ・マスのデザイン研究003

カナダ「ヘイグブラウン国立公園」内売店前看板

「ARTISANS」
artisans.jpg

職人とか熟練工といった意味。この横にエライもんが置いてあったが、

紹介は004で。

鮭鱒を描くものとして気になったのは、魚が右を向いていること。

この横にあるエライもんももちろん右向いてた。

僕が描く時は必ず左を向いている。

調べると、どうやら、「文字の進行方向」が関係しているようだ。

日本の文字は右から左。欧米は左から右。この事が魚に限らず、鳥、飛行機、人物など、

あらゆるものの向きが、左か右かに分かれる大きな原因の一つらしい。

最近では横書きの場合は日本語も左から右へ書いているが、

昔は右から左だった為、その名残で魚たちは左を向くらしい。

あとは利き手も関係があるようで、右利きに書かせると左を向き、

左利きに書かせると右を向く傾向にあるらしい。

もう少し詳しく研究する必要がある。


確か油絵。紅鮭の雄。腹鰭以外あり。

縁にはみ出すほどの力強さ。

雌鮭を探しているのか、それとも雌鮭を取られぬよう威嚇しているのか。目がすごい。

実際見た雌を守る雄はものすごく獰猛で、近づくもの皆噛み付いていた。

良く表現されていると思う。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/05(土) 23:24:09|
  2. サケ・マスのデザイン研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<サケ・マスのデザイン研究004 | ホーム | 子供服>>

コメント

みぎひだり。

前略
そういうことだったのか。
後出しですみませんが、
気になってたんだよね、
右向き、左向き。
今日も、この絵見たとき、
あ、珍しい、右向きだ、と。
では。
  1. 2011/03/06(日) 03:07:02 |
  2. URL |
  3. ratnaruni #-
  4. [ 編集 ]

Re: みぎひだり。

割合的には右向きのほうが少ないみたいです。

  1. 2011/03/06(日) 10:57:55 |
  2. URL |
  3. サケデザイン研究所 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/215-da468401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。