I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サケと「浅井っ子」のふるさと物語

サケと「浅井っ子」のふるさと物語 池田まき子著

富山県射水市大門町(旧射水郡大門町)にあった大門町立浅井小学校が舞台の児童書。

あったと言うのも、2005年の市町村合併により、射水市となり、

同地区にある小学校3校を生徒数の減少などや「大人の事情」により、

一つの学校に統合させ、133年の歴史を誇り、

昭和32年に立てられた数少ない木造校舎は惜しまれながらも、2006年3月25日閉校。

浅井の語源は、「浅く掘っても水が出る」という意味で、

非常に豊かな水源を持つ地域なのである。

そんな浅井小学校の近くには「庄川」という川が流れていて、

毎年2、3年生が担当して鮭の稚魚を育て、生態について学び、

時期が来たら庄川に放流するという取り組みがなされています。

富山県における鮭の回帰率は、平均約0.3%程度です。

子供たちは300匹の稚魚を育てています。

この中で4年後に戻ってくる可能性のある個体は1匹いるかいないか。

ちなみに北海道においての回帰率は約5%。この差には色んな要因があると思いますが、

放流数の違い(北海道は約10億尾、富山県は約2千5百~3千万尾)や水温、

本州に入る前に漁獲されるなどが考えられます。

子供たちは300匹放流したところで、1匹も帰ってこないかもしれない。

放流することに意味はあるのか。と、小学校低学年でえらく複雑な問題を抱えます。

そんな問題を先生と一緒に考え、たくましく成長する子供たち。

僕が最近真剣に考えるようになった「食物連鎖」を、

子供たちは鮭を育てることで学んでいる。

この話は、第16回FNSドキュメンタリー大賞にノミネートされていた、

「サケのかおなし」という浅井小学校の放流から回帰までを4年間密着した番組が原作で、

その事をインターネットで知った著者が、是非一冊の本にまとめたいと言ったのがきっかけだったようです。

本を読み進めながら、子供たちと一緒に鮭の生態についても学んでいるような、良い本です。

この本の主人公たちは、現在多分高校生くらいなのかな。

めちゃくちゃ良い子に育ってんだろうと、容易に察しがつく。

烏帽子田佳穂さん、田辺歩くん。いつか会いに行きます。








スポンサーサイト
  1. 2010/12/06(月) 01:13:23|
  2. 鮭本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鮭神社 | ホーム | 文様鮭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ilovesalmon.blog3.fc2.com/tb.php/181-32eb1628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。