I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サケ・マスのデザイン研究005

Alaska Airlines 「Salmon Thirty Salmon」どんな意味だろう?

※追記「Salmon Thirty Salmon」に関してのブログ
ratnaruni様情報ありがとうございました。

SalmonThirtySalmon01.jpg
SalmonThirtySalmon02.jpg

機体には「Wild Alaska Seafood」

黒い斑点があり、この写真じゃ分りづらいですが、下あごの歯肉が黒くなっているので、

「King Salmon」だと思います。日本名では「マスノスケ(鱒之介)」という。

さすがアラスカ。アートと言うよりフードです。

日本も固有種であり、絶滅を免れた「クニマス(国鱒)」が描かれた飛行機が秋田~山梨間を飛ばないかな。


そのクニマス発見者さかなクンが、有楽町で漁業関係の募金活動をされていたみたいです。

宮城といえば、日本での銀鮭の養殖の約90%を占めています。

まさに5月頃からが出荷の時期だったはずなので、良い型にまで成長していたと思われます。

この津波により、この海面養殖にて育った鮭が、海へ放たれたはずです。

生態系への影響が気になるところです。チリ地震の時はどうなったんだろう?

あの時は築地にいた頃だったので、チリ銀は品薄で入手困難になったのを覚えてる。

この銀鮭養殖2箇所の大地震。何か因果関係があるんだろうか?



スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 23:44:39|
  2. サケ・マスのデザイン研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。