I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鮭の日

本日11月11日はご存じの通り「鮭の日」でございます。
みなさん、鮭を思いましたか? 鮭を思いましょう。
それだけで川が綺麗になる。

何故鮭の日なのかは、ウィキペディア辺りでお調べください。

東陽町の漬物画家、濱public公徳より鮭の日記念絵画が送られてきたので、
興奮してしまい、来週1歳になる娘に高いおもちゃを購入してしまいました。
一部、お見苦しい点がございますが、僕のはこんなもんではございません。

DVC00153_ed.jpg

THANKS!
スポンサーサイト
  1. 2012/11/11(日) 23:56:16|
  2. 鮭コレクション
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

COLORADO Outdoors

以前、このブログで紹介した鮭ベルト「StudsSalmon」を作っていただいたtoolate山本代表より、アメリカ土産を頂きました。

COLORADO Outdoors May-June 1970
coloradooutdoor1970.jpg


COLORADO Outdoors May-June 1972
coloradooutdoor1972.jpg


COLORADO Outdoors July-August 1973
coloradooutdoor1973.jpg


COLORADO Outdoors July-August 1974
coloradooutdoor1974.jpg

この他、おまけも付いてましたが、正体不明なので後日。
当然ながら、中面は英語なので、じっくり読む気力も知識もなく、
パラパラと写真やイラストなどを眺めましたが、表紙以外特にサケ科に特化している訳でもない雑誌でした。
雑誌自体のことを調べても、そこはやはり英語なので、じっくり読む気力も知識もなく、
表紙のイラストを描いた人について調べる。

COLORADO Outdoors May-June 1970の表紙「グレイリング」は、KENT PENDLETONという方のサイン。
この人に関してはまったく不明。

COLORADO Outdoors May-June 1972の表紙「ブラントラウト」は、CLARK BRONSONという方のサイン。
この人に関しては、HPが存在。http://www.clarkbronson.com/
現在も活躍されているかは不明。

COLORADO Outdoors July-August 1973の表紙「ブルックトラウト」と、1974の表紙「ニジマス」は
LYNDLE DUNNという方のサイン。写真は発見。たぶんこの人。
LYNDLE DUNN

1973の表紙「ブルックトラウト」以外、みんなフライ咥えてます。これが何を意味しているのか。
近年のCOLORADO Outdoorsの表紙は写真がメインみたいです。
こんな味のある絵を描く人が居なくなったのか、超写実しか認められないからなのか、
絵はうまくないとという概念はおかしいと下手な僕は言いたい。
話がそれましたが、サイズはB5、値段は当時で50¢。
たぶんサケ科の表紙まだあるはずです。
嗚呼、アメリカ行きたい。。。



  1. 2012/11/09(金) 01:27:35|
  2. 鮭コレクション
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

鮭判子

yuichistamp.jpg

高橋 由一 「鮭」判子

  1. 2012/07/10(火) 00:07:51|
  2. 鮭コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

baby chum rompers

大阪の友人から依頼を受けました、
「baby chum rompers」

chumrompersnear.jpg

彼とは、僕が上京して間もないとき、
渋谷の丸井の前を通ったときに、たまたま、彼が閉店後の内装工事に入ろうとしていた所を、
僕が本当に偶然発見し、声をかけて、彼は覚えてなかったが、
僕は覚えていたので、それから仲良くなった。
大阪に転勤になり、いつまでも鹿児島訛りが抜けない2児のパパになった彼に、
心を込めて印刷しました。
本当はプレゼントしたかったけど、ちゃんと御代頂きました。ありがとう。



  1. 2011/04/08(金) 22:40:30|
  2. 鮭コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Studs Salmon

念願の品が届きました。

1年、また1年と過ぎていくうちに、

「どうやら僕が手に入れるにはまだまだ修行が足りないらしい・・」と、

10年後には必ず手に入れると、心に誓った矢先、

熊本の「Toolate」という人物から無言のゆうパックが届いた。

普段は、郵便物が届くと必ずハサミ、もしくはカッターで封を開ける僕が、

その時は雄叫びをあげながら、箱に包まれたソレを、

正座して、爪でそっと開けた。

僕は思いました。コレをこの年齢で手にして良いのだろうか?

30年続けたら、何を手に入れられるんだろうと。

人に何と言われようと、前を向き、突き進み続ける。そして、鮭鱒を伝える。。。

と、ここまで引っ張り、ハードルを上げてまでご紹介するものは、

僕の友人で、絶対この人は禁煙しないだろうと思わせときながら、禁煙し、

次会った時はやはり吸っている、

ふるさと熊本にて無言で「鋲」を打つ男、

Toolate山本氏から頂いた、

「studs Salmon」

studssalmon01.jpg
studssalmon02.jpg
studssalmon03.jpg
studssalmon04.jpg
studssalmon05.jpg
studssalmon06.jpg

studsking.jpg

婚姻色に染まった「KING SALMON」。

バックル側は雄、ホール側は雌。

んで、極めつけ「鮭介」。

ありがとうございました。




  1. 2011/03/26(土) 23:43:53|
  2. 鮭コレクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。