I love salmon

サケ・マスのデザインとデザイン研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鮭の街

新潟県村上市は鮭の街である。
1808年、越後国村上藩の下級武士「青砥武平治」は

IMG_1442.jpg

いち早く鮭の回帰性に着目し、
村上市を流れる三面川に「種川の制」を敷き、
人工的に産卵場所を設け、自然増殖を努めた。
このおかげで現在の人工孵化技術が確立したと言っても
過言ではないと思う。

その歴史が今尚、脈々と引き継がれ、
新潟県村上市は独自の「鮭文化」が根付いている。


狂い始めた翌月、早速行ってきました。
まず、街自体が「鮭々しい」。

IMG_1374.jpg


去年だったか、JRのCMかなんかで、吉永小百合が
その村上市を訪れ、ある鮭屋の店主とペチャクチャ話すといった
映像が流れた。

鮭に狂い始める前から、気にはなっていた店で、
狂い始めてからは、憧れの店と化していた。
まず、店構えからしてかっこいい。

IMG_1512.jpg

そして、店主である吉川 哲しょう(魚生)さんがこれまた鮭きちがい。

「味匠 喜っ川」

店に入った瞬間鼻に付く「鮭臭」。
すごいです。涙出そうになりました。

IMG_1494.jpg
店内奥

日本海側からの若干湿気を帯びた、
冷たすぎず、絶妙な風が吹く村上独特の気候が
作り出す「塩引き鮭」。
その為、窓は一年中開けっ放し。

他の塩引き鮭も色々食べましたが、
私はここのが一番うまかった。

いい店です。こだわりと芯を強く感じる。

行ったとき、店主不在だったので、
今度言ったときは是非お話してみたいもんだ。





スポンサーサイト
  1. 2010/04/09(金) 21:14:07|
  2. 鮭の歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。